祝い文手拭い

華市松の手拭いはなめらかで上質な肌触りの特岡の生地を使用し、「京友禅浸透染」という技法で染めています。その技法の特長は、発色性に優れ精緻な絵柄の輪郭も鮮明に染めることができ、色落ちしにくく、生地の裏側まで十分に染料を浸透させることができます。
但し、通常の手捺染(型友禅)よりも1.5倍の時間を要し、熟練の職人の勘所を必要とします。京友禅浸透染の染技法を簡単に云えば、注染と手捺染のそれぞれの長所を併せ持つ技法だと云えます。今まで薄手のハンカチなどには実績がありましたが、業界で初めて、手拭いほどの厚みの生地で実現しました。

オンラインショップはこちら>>